今市隆二愛用のトムフォードサングラス

芸能人のイメージって、ステージでのパフォーマンスを
初めとして「ビシッと」決まっている印象があるのです。
露出している殆んどの場面はテレビやライブ、
雑誌だったりするので、その印象が強いです。
例えば長渕剛は、いつもサングラスで革ジャンにジーンズ。
片手にギター。
そんな兄貴肌を前面に出しています。
勿論曲も同じ印象ですし、この頃のテレビ露出でも
鋭い発言をしています。
あれは「そのまま」だと思いますが、三代目j soul brothersの
今市隆二さんは、ステージやジャケット写真のクールさとは間逆で、
私服はワイルドで動物的な感性を前面に押し出した
ファッションのようです。
良く言えばそうですが、悪く言えばセンスがないとも言えるのです。
洋服の単価の問題は少し脇へ置いておいて、着こなし的な問題や、
基調とする部分をキチンと押さえてあるか。
そういう点に於いては、やっぱりイマイチなのかなぁとも思うのです。

目鼻立ちもハッキリしているので、シンプルすぎるファッションでも
充分目立つのでしょうけど、豹柄をアクセントに使いたいワイルドさは
評価したいと思いますが、故意にルーズにストリートっぽくテイストを
仕上げているのか、元々性格もルーズなのか境目が分かり辛いですね。
今市さんは、人気ブランドのトムフォードのサングラスを愛用して
いますが、ここも評価したいポイントです。
ティアドロップ型のサングラスを愛用していますが、今市さんの面長の
顔にうまくフィットしていると思います。

もう一つ言うと、髪形もファッションに合ってない感じがします。
案外古典的な真面目なアップの髪型とチョビヒゲ。
ルーズなテイストを出したい時は髪形もアップではなく「あえて」
ボサボサって具合の方がストリートっぽくて良い筈。

ある意味で、フォーマルな感じとルーズなファッションが
噛み合っていない印象を受けるのです。
色の組合せは、ブラックとホワイトのモノトーンなので、
何とでも融通が利くのですが、ブランドの組合せによっては
色は同じでもテイストが違うとチグハグな印象を受けるので、
それが「ダサイ」に繋がっているのかと思うのです。

一番簡単な方法としては、ブランドをあちこち変えない事でしょう。
そして、テイストの方向性を決める事です。
例えば英国紳士風にとか。
そうすれば、スッキリとした、そして遊び心もアレンジも
少しの努力で有効に利くファッションになるでしょう。
今市さんが使っているブランドは一流のものだけなので、
高価な洋服が無駄にならないように、着こなし方を工夫するのが
良いと思います。

端正な顔立ちしているんですから。ダサいと言われるのも寂しいです。
シックに渋く決める。それで良いのかと思います。